検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

リピトール 20mg 30錠 トルコ市場版

¥7,080
商品コード: RY00902-1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
血液中のコレステロールを減らす高脂血症用剤

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に

用 法

高コレステロール血症

通常、成人はアトルバスタチンとして10mgを1日1回服用する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

家族性高コレステロール血症

通常、成人はアトルバスタチンとして10mgを1日1回服用する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

【働き】

高コレステロール血症は、血液中のコレステロールが多すぎる状態です。自覚症状がなくても、長い間に動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の原因にもなりかねません。このお薬で血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞の危険性を少なくすることができます。

心筋梗塞の多くは、プラークという血管のコブが破れ血管が詰まることで起こります。このお薬でコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定し破れにくくなります。心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞の予防につながります。

【薬理】

肝臓でのコレステロールの合成をおさえます。悪玉コレステロール(LDL)が減少する一方、善玉コレステロール(HDL)はむしろ増加します。

血中脂質動態を改善することで、動脈硬化の進展を抑制します。

【臨床試験】

この系統(スタチン系)による心筋梗塞の予防効果や予後改善効果は、いくつもの大規模臨床試験で証明されています。高脂血症の人に用いた場合、心筋梗塞などのリスクをおおよそ30%減らせることが分かっています。とくに、心筋梗塞のリスクの高い人、たとえば狭心症や心筋梗塞をすでに発症している人、高血圧や糖尿病のある人では有用性が高いです。

ニュース

米ファイザー第1四半期は減収減益、経費節減で利益は予想上回る

2012年 05月 2日(ロイター)

米医薬品大手ファイザーが1日発表した第1・四半期決算は減収減益となったものの、利益は予想を上回った。

後発医薬品の攻勢を受け、主力の高脂血症治療薬「リピトール」の販売が大きく落ち込んだが、コスト削減がその影響を一部補った。

リピトールの売上高は42%減の14億ドルとなった。(ジェネリックに押された?)

こちらも人気

リピトールのジェネリック

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿
テジャスメディシン(旧:テジャスファーマ) のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。