• NEW
商品コード: Veltride 0.5 mg Med

アボルブ・アボダートのジェネリック(Veltride・ベルトリド)0.5mg 300錠

販売価格: 14,160
販売中
ポイント: 120 Pt
*
  • 数量 
商品詳細情報

アボルブ・アボダート(成分:デュタステリド)のジェネリック

製造元 : Intas Pharmaceuticals

原産地 : India

日本でもアボルブの名称で発売されたばかりの5α-還元酵素Ⅰ&II型阻害薬

アボルブ・アボダート(成分:デュタステリド)のジェネリック

■ 輸 送 1~2週間前後で到着予定

■ 発 送 インド

アボルブ(Avolve)とは

アボルブ(Avolve)とは、一般名デュタステリドと呼ばれ、2001年にイギリスのグラクソ・スミスクライン社がフィナステリド(プロペシア)に次ぐ、もう一つのアザステロイドとして開発した男性型脱毛症(AGA)と前立腺肥大症の治療薬です。

(アメリカ、韓国等での商品名:アボダート Avodart)

フィナステリド(プロペシア)と同様に、デュタステリド(アボルブ)も前立腺肥大症の治療薬として開発されました。フィナステリド(プロペシア)がその後、男性型脱毛症(AGA)治療に重点を置くようになったのに対して、アボルブは2001年に前立腺肥大症の治療薬としてアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認され、続いて2009年に韓国で男性型脱毛症(AGA)治療薬として承認されました。現在では世界85カ国で年間 約300万人の患者さんに使用されています。

デュタステリド(アボルブ)は男性型脱毛症(AGA)の治療薬としては韓国でのみ承認されており、本邦では前立腺肥大症の治療薬として2009年に厚生労働省に承認されました。

フィナステリド(プロペシア)がⅡ型の5α-還元酵素しか阻害しないのに対し、デュタステリド(アボルブ)はⅠ型・Ⅱ型両方の酵素の阻害剤として働きます。これによりAGA(男性型脱毛症)の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)がテストステロンから作り出されるのをより強く阻害します。そのため、フィナステリド(プロペシア)よりAGA治療効果が高いと考えられており、実際に比較試験などでフィナステリドに比べてより高い脱毛予防効果を示しています。

残念ながら、アボルブは本邦ではAGA治療薬としての承認は受けていませんので、本来、前立腺肥大症治療のために使われる0.5mgカプセルをAGA治療目的に使用することになります。(処方医薬品の適応外使用となります)

【アボルブの効果】

AGA患者のヘアサイクルは、DHT(ジヒドロテストステロン)により短縮しています。 アボルブは5α-還元酵素のⅠ型、Ⅱ型を両方阻害し、男性型脱毛症(AGA)の原因物質である DHTの産生を強力に抑制します。その結果、ヘアサイクルを正常化し、プロペシアと同等以上の脱毛抑制効果を発揮すると考えられています。プロペシアの効果が不十分な場合や、さらに強いAGA治療効果を希望される患者様にとっては有効な選択肢となり得ます。

【アボルブの用法・用量】

男性成人に対して通常、デュダステリドとして0.5mgを1日1回服用していただきます。

これは韓国でAGA治療薬として承認されている用法・用量と同じです。また本邦で前立腺肥大症に対する治療として承認されている用法・用量とも同じです。

【アボルブの副作用】

アボルブ0.5mgは服用後、最初の6ヶ月で次のような副作用が確認されています。

勃起不全(3.2%)、性欲減退(1.7%)、女性化乳房(1.5%)、精液ボリュームの減少(1.4%)。

副作用の発生頻度や程度はいずれもプロペシア1mgの副作用よりも同等かやや高い割合となっています。

男性が服用することによる胎児への催奇形性についてはプロペシア同様、動物実験では否定的な結果が得られていますが、ヒトに関しては詳しく検討されていません。ただし、臨床的には2001年からアボルブ(デュタステリド)は実際の男性患者に投与されており、明らかな催奇形性等に関する報告は現在のところありません。

【アボルブの使用上の注意】

妊娠中の女性が服用したり、割れたカプセルの内容物に接触した場合、プロペシア同様、男性胎児に悪影響を及ぼす可能性がありますので十分ご注意ください。

小児、特に男児がアボルブを服用したり、割れたカプセルの内容物に接触した場合、生殖器の発育に影響を与える可能性がありますので十分ご注意ください。

服薬期間中および服薬中止後、最低6ヶ月間は献血を行わないでください。

前立腺癌の検診の際に検査値(PSA値)が過小評価される恐れがありますので、検診時には担当医師にアボルブを服用していることをお伝えください。

■ AGAの原因物質を強力に抑制

アボルブは英国グラクソ・スミスクライン社で開発された薬です。もともとは前立腺肥大症の薬として開発されました。2001年に米国、2002年に欧州承認、そして2009年日本の厚生労働省の認可を得て今では世界で290万人の患者様に使用されている薬となっています。

そして近年、このアボルブの有効成分デュタステリドに、AGAの原因物質である男性ホルモン(テストステロン)を抑制する効果があることが発見されました。デュタステリドは、今では、抜け毛抑制内服薬の有効成分フィナステリドよりも効果的に男性ホルモンを抑制することが米国皮膚科学会で発表された論文などで証明されています。

■ フィナステリドを上回るデュタステリドの効果

AGAの原因物質であるDHT(ジヒドテストステロン)の産生を手伝う5α還元酵素はⅠ型とⅡ型の2つの型があります。フィナステリドは5α還元酵素Ⅱ型のみに作用し、この働きを抑制します。しかしⅠ型については抑制効果はありません。

一方のデュタステリドは5α還元酵素Ⅰ型及びⅡ型の両方に作用し、この働きを抑制します。

男性型脱毛の治療として、まず抜け毛抑制内服薬を処方されることが多いかと思います。抜け毛抑制内服薬のみで効果がよく分からない、抜け毛は減ったけれどいまいち増毛感が物足りないという方には、ミノキシジルタブレット(ロノテンのジェネリック医薬品)の内服をプラスしていただくと、増毛効果を得られる場合がある。毛髪治療は、単剤治療よりも複数の薬剤を組み合わせた方が効果的かもしれません。

この商品に対するお客様の声

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

個人輸入代行テジャスメディシン のご利用について
■旧名:テジャスファーマ

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

プライバシーポリシー

特定商取引に関する法律に基づく表記